Category Archives: セミナー

知識を活かす診断士、知恵で稼ぐ診断士(2018年1月21日開催)

※中小企業診断士合格者、中小企業診断士受験生向けのセミナーです。


平成29年度中小企業診断士試験合格者の皆様おめでとうございます。

直近では実務補習の準備などで忙しくなりますが、経済産業大臣に登録されれば、
晴れて「中小企業診断士」として名乗れるようになり、活動の場が広がっていきますね。

ただ、新しい環境に飛び込む前に、色々と期待や不安を抱えているんではないでしょうか?
今、みなさんはこんなことが気になっていませんか?


・資格を取った後に、どう活用するのか決まっていない

・今より稼げるようになりたい

・独立、副業で上手くやっていけるか心配

・最初は何から始めればいいの?


 講師全員が中小企業診断士であるシュー・ツリー・コンサルティング(以下、STC)では、毎年この時期に新しい診断士の活動をサポートするためにセミナーを開催しており、今回のテーマは「個人事業で年収1000万円以上稼ぐ話(前半)」、「カスタマージャーニーマップ(後半)」としています。

中小企業診断士の稼ぎについて少しお話しすると、中小企業診断士にも「収入に繋がった人」と「収入には繋げていない人」がいます。

収入に繋げている人の中でも、定年後にセカンドライフとして年収300万円で活動される方もいれば、年収3000万円で活動されているビジネスパーソンもいます。企業内診断士もセミナー開催などを通じ、給与とは別に副業収入を得る方もいらっしゃいます。

収入には繋げてない人の中でも、有益な知識が増え、人脈が広がっていく資格なので、趣味として中小企業診断士活動を楽しまれている方もいらっしゃいます。

どんな使い方をしても自由です。そして、この自由が中小企業診断士の実態をわかりにくくしているのかも知れません。

楽しくて夢のある中小企業診断士資格ですが、残念な事が1つあります。

中小企業診断士の資格を新たに取った方で、5年後に更新せず辞めてしまう方が約3割いらっしゃいます。例年、官報の公告で新たに資格を取った方と供に、資格を失った方も確認することができます。主に以下のような状態だと考えられます。


①経営者やコンサルタントとして活躍し、中小企業診断士と名乗る機会がない。

②ポイントが取れない、または、稼ぎにつながらずに辞めてしまった。


この中で①は仕方がない部分もあるかも知れませんが、②はどうでしょうか?

皆さんもきっと耳にしたこともあると思いますが、中小企業診断士の仕事は多種多様ですから「中小企業診断士は何をやっているのか?」が最初は分かりにくくなってしまいがちです。そして、適切な情報に触れることができず、②の状態に陥ってしまう方もいらっしゃるようです。

独占業務はなく、収入に繋げていく方法を自ら生み出す必要がある中で、中小企業診断士で稼いでいる人の話を聞き、参考にし、自分なりのやり方を見つけていく意識がとても大切です。そして、情報が得られやすい活動の初期段階で知り、実践していくことが大きな差となって表れます。

このセミナーでは「稼ぐ」という点をテーマしていますが、不労所得のように爆発的なスピードで稼ぐ方法についてお伝えするものではありません。

30代~40代の新しく中小企業診断士活動を始める方に対し、講師が使っている「稼ぐ法則」の解説と実体験も交えながら以下のようなことをお話します。


・稼げる人はどんなことをしているのか?

・稼ぐための言葉、思考、感情、環境

・独立直後に収入に繋げる具体的なアクション


新しく中小企業診断士になる皆様も診断協会などで交流していくと、年収1000万円以上や年収3000万以上の中小企業診断士と会う事が多くなると思います。しかし、独立してすぐにこの状態になれるわけではありません。手法は様々ですが、成功するための基本的な法則があり、稼げる診断士は「稼げる診断士のメソッド」を実行しています。

セミナー前半では、独立してまずは1000万円以上を労働所得で稼げるようになるための行動や考え方について解説していきます。

そして、セミナー後半では、実際の経営診断実務や提案書で利用される「カスタマージャーニーマップ」についてのワークショップを行います。

診断士合格者の皆様であれば、「カスタマージャニーマップ」はご存知だとは思いますが、お仕事でマーケティングに関わっていない場合は、なかなか触れる機会が少ないのではないでしょうか?

STCでは、マーケティングの経営診断も行っています。「カスタマージャーニーマップ」を使った提案書は、特にBtoCのビジネスを展開されている経営者の皆様に大変喜ばれています。堅苦しい文章で表現するのではなく、直感的で、自社でマーケティング施策を打つべきポイントがわかりやすいからです。

STCでは、「カスタマージャニーマップ」以外にもデザイン思考のセミナーを多数開催しており、デザイン思考ができる人材の育成に取り組んでいますが、新しく中小企業診断士になる皆様にもぜひ経営診断の際に「カスタマージャーニーマップ」を上手に使えるようになって頂きたいと思っています。

新たに中小企業診断士を始められる方や独立診断士を目指す方向けのセミナーですが、これから中小企業診断士を目指されている方にも役立つ内容となっていますので、ぜひご来場ください。

また、当日はAM10:00から無料オプションセミナーとして、2017年度中小企業診断士試験合格者を対象にした「聞けて良かった!駆け出し診断士の実態教えます」と「STCから始める診断士活動のススメ!」の2本を開催します!合わせてご検討ください。※無料オプションセミナーだけの申し込みはご遠慮ください。

当日、セミナー終了後に懇親会(4000円程度で予定)もございますので、あわせてご参加を検討ください。

(※最後までお読み頂きありがとうございます。中小企業診断士を目指されている方も参加できますので、ぜひご来場ください。)

【日時】

2018年1月21日(日) 13:00〜16:45

【開場】

南大塚地域文化創造館

【費用】

¥3,000

【申込方法】

こくちーずのサイトより申し込み願います。
http://www.kokuchpro.com/event/32b568c3c68528dd0c099916af588381/http://peatix.com/event/269166

的確に情報を引き出し、魅力的に伝える!ライバルに差をつけるビジネスコミュニケーション講座(2017年6月17日開催)

的確に情報を引き出し、魅力的に伝える!

ライバルに差をつけるビジネスコミュニケーション講座

~インプットとアウトプットが劇的に上達するコツを3時間でマスターしよう~

入社してから早5年。
同じ営業部に勤務する同期のAは、普段は口下手で、飲み会でも特別話が上手いわけではないのに、営業成績はとても優秀。上司や客先からの信頼も厚いらしい。
一方の自分は、話自体はAよりも面白いと言われるし、その証拠に商談でも客先は楽しんでくれているのだが、どうも商品の提案が刺さりきっていないように感じている。

これは伝え方の問題なのだろうか?
それとも別の要因があるのだろうか?
自分は一体、どうすれば良いのだろうか??

ビジネスにおいて、プレゼンテーションによる伝える力はとても重要です。

ただし、その伝えようとしている内容は、果たして相手が求めるものになっているのでしょうか?
相手のニーズはしっかりと汲み取れているのでしょうか?
また、伝えたい内容は、わかりやすくまとまっているでしょうか?伝えたいという気持ちが強すぎるあまり、逆に相手に伝わりにくくなってしまうケースは多々あります。つまり、ビジネスコミュニケーションにおいては、プレゼンテーションによる伝える力もとても大切ですが、

①相手のニーズをしっかり汲み取る力

②伝えたい内容をわかりやすくまとめる力

上記の能力も非常に大切になります。

そこで本講座では、①支援先が求めるニーズを引き出すヒヤリング力と、②相手が実行したくなる”刺さる”提案書の作成術を中小企業診断士として日々駆使ししている講師たちにより、講義とワークを通しながら、ビジネスコミュニケーション能力について、インプットとアウトプットの両面から3時間で上達を図ります。

あなたも、ビジネスコミュニケーションにおけるインプットとアウトプットを上達させることにより、ライバルに差をつけてみませんか?

【過去の参加者の声】

  • 第一部:ヒヤリング講座
    • 日々私がやってしまっている「良くない質問」が挙がっており、気づきが多くとてもタメになりました
    • ワークショップ形式で隣の方とコミュニケーションをとれて良かったです
    • 日常でしない方がいい質問をよくしていたので今日から意識してポジティブに変えていこうと思います
    • 次回人を変えてセッションもしてみたいです
  • 第二部:プレゼン資料作成術講座
    • フォントの設定など明日から使えそうな内容でした。
    • ミニワークもよく練られていました。研修としても素晴らしかったです。
    • とても参考になりました。特にロジカル、エモーショナルの箇所が良かったです。

【当日の流れ】

  • 第一部:ヒヤリング講座
  1. 質問者のマインド
  2. 情報を引き出すまでのフロー
  3. 「良い質問」と「良くない質問」の違いを知った上での「良い質問」の作り方
  4. すぐに使える質問テクニック
  • 第二部:プレゼン資料作成術講座
  1. 決裁者への資料設計〜相手志向で考える〜
  2. 伝える資料のテクニック
  3. 見栄える資料のテクニック
  4. 実践!プレゼン資料作り

※各コンテンツは受講状況に応じて変更する可能性があります
 

【こんな方にお勧めです!】

  • 変な質問をしてしまい、場をフリーズさせた経験のある方
  • 質問方法・質問内容が悪く、情報を引き出せなかった経験のある方
  • 「良い質問」と「悪い質問」の違いを知り、「良い質問」を作りたい方
  • コミュニケーションスキルの向上を図りたい方
  • プレゼン機会が多い営業職の方
  • 社内向けのプレゼン機会の多い企画職の方
  • 経営者向けの支援を行う士業の方
  • 分かりやすく綺麗なプレゼン資料を作りたい方
  • プレゼン資料のクオリティを一歩アップさせたい方
  • ビジネスコミュニケーションを身に付けライバルに差をつけたい方

 

【本講座受講による効果】

  • あなたの質問が起点となって、コミュニケーションが活発化する
  • 的確な質問方法により、うまく情報を引き出せるようになる
  • 周囲の協力を得やすくなり、ビジネスのスピードがアップする
  • 社内/社外の決裁者に響くプレゼン資料が作れるようになる
  • 分かりやすく綺麗なプレゼン資料が作れるようになる
  • プレゼン資料の作成術をたった1時間半で学べる

【当日のタイムテーブル】

13:40~ 第一部:ヒヤリング講座
15:10~ 休憩
15:15~ 第二部:プレゼン資料作成術講座
16:45~ まとめ
17:00~ 懇親会

【講師プロフィール】

北田 健太

■北田 健太 (きただ けんた)
中小企業診断士
株式会社 シュー・ツリー・コンサルティング コンサルタント
一般社団法人 埼玉県中小企業診断協会 正会員・運営委員
大学時代、生産管理やTOCを学習する一方で、大手進学塾で講師を経験し、教室授業や保護者会、保護者面談等に従事。
全校舎実施の顧客満足度アンケートで非常勤講師ながら上位獲得。
現在は、塾講師時代に培ったプレゼンテーション力・ヒヤリング力を活かし、メーカーにて法人営業に従事し、得意先に対する営業活動に加え、営業部門新人研修等の社内研修講師として組織としてのパフォーマンス向上を図っている。
◆得意分野
プレゼンテーション、ヒヤリング、フレームワーク思考、マーケティング施策、モチベーション向上施策等
◆主な実績
飲食店経営支援(従業員モチベーション向上施策提言・ビジネスモデルと提供価値に関する提案)
保育園支援(事業拡大に向けたマーケティング施策提言)
ソフトウェア開発業支援(コア技術戦略をベースとした戦略提言)
月刊「企業診断2016年7月号」巻頭特集にて中小企業診断士試験受験生支援記事執筆
クラウド販売管理サービス「ウランバ!」公式Blogにて商品差別化に関する記事執筆
新人営業担当者向け営業業務研修
ビジネスパーソン向けコミュニケーション関係セミナー
ビジネスパーソン向け向け質問力UPセミナー 他

江波戸 良光

■江波戸 良光 (えばとよしみつ)
中小企業診断士、ITコーディネータ、DTPエキスパート、色評価士
株式会社 シュー・ツリー・コンサルティング コンサルタント
大手プリンター関連企業において、印刷・デザイン業の顧客に対する販売促進・マーケティング支援に従事。
同時にデザイン講座の講師として、大手企業のデザイナー向けにAdobe llustrator,PhotoShop,InDesign等の10を超える講座運営に携わる。
自主開催のデザイン・制作セミナーの満足度は5段階で4.88と定評あり。
プロモーションの上流から下流を知り尽くした経験を活かし、レイアウト・配色技法を使った「デザインセンスに依存せずに自社を魅力的に伝える販促術」を広めるため、中小企業診断士として活動中。
◆得意分野
ロジカルプレゼンテーション、ビジュアルドキュメント作成、中小企業向けITインフラ設計構築、印刷デザイン業向け業務課題改善提案
◆実績
コンサルティング:印刷業、製造卸業、教育サービス業、組込ソフトウェア業
執筆:フレッシュ診断士の合格体験記V(同友館)、企業診断2016年7月号特集(同友館)
セミナー:プレゼンテーション力養成講座、決裁者向け提案書作成講座、印象が10倍良くなる名刺作成講座、等

【持ち物】

筆記用具

【定員】

24名 (最少催行人数2名)

【申込方法】

Peatixのサイトより申し込み願います。
http://peatix.com/event/269166

【キャンセルについて】

当日と前日のキャンセルについては、いかなる理由でも代金をお返し致しかねます。
ご理解の程お願い致します。

施行直前!まだ間に合う【改正】個人情報保護法対策(2017年5月27日開催)

個人情報保護法が改正され、2017年5月30日に施行されます。

お客様から個人情報をいただいた時に、どの様に取り扱うのが正しいでしょうか?

「厳重に保管する」

そうですね。それでは、その「厳重に保管」とは具体的にどの様なものでしょう?

今までは「取り扱う個人情報が5000人分以下の事業者は対象外」という規定がありましたが、今回の改正で5000人分以下の縛りが無くなりました。

お客様が1人でもいたら対象です。
従業員を1人でも雇用していたら対象です。

実質的にすべての事業者が対象です!

これは営利非営利を問いません。
そして、個人情報の対象は従業員・顧客を問いません。

法的リスクを回避するために、改正個人情報保護法について学びましょう。

繰り返します。

一般の会社は対象です。
個人で事業を営んでいる方も対象です。
地元でサークル活動を主宰している方も対象です。
同窓会だって対象です!

<こんなことを学びます>

1.改正・個人情報保護法の概要
2.そもそも、個人情報とは何か。
こんなものまで個人情報に!
3.個人情報を安全に取り扱うための5つのルール
(1)お客様から個人情報を取得する時はどうする?
(2)取得した個人情報を、利用する時はどうする?
(3)取得した個人情報を、保管するときはどうする?
(4)個人情報を他人に渡すときは、どうする?
(5)開示請求があったときはどうする?

<こんな風に教えます>

・前提となる知識は不要です。
・講義とワークの組み合わせとなっています。

<受講によりこういった効果が得られます>

・改正個人情報保護法を理解でき、法的リスクの避け方がわかる
・セキュリティ担当者に短時間で、法改正の知識を習得させられる
・会社での情報セキュリティ対策の立て方がわかる

<講師>

竹内 大悟

シューツリーコンサルティング所属コンサルタント。
一般社団法人 埼玉県中小企業診断協会 正会員

金融系企業の社内SEとして、情報セキュリティ対策に従事する企業内診断士。
情報セキュリティ対策セミナの講師を務める。
改正個人情報保護法への対応も情報セキュリティ対策の一環として、必須のものであり、取り組んでいる。

<当日の流れとタイムスケジュール>

講座:150分(途中で適宜休憩をとります)
(1)改正個人情報保護法の概要と解説、そして対策
(2)個人情報保護法を活用する為の情報セキュリティ対策

<こんな方を対象としています>

・これまで、個人情報の管理を意識していなかった個人事業主、中小企業の方
・改正個人情報保護法への取り組み方を知りたい方
・個人情報を取り扱う団体を主宰している方
・これから社内に展開したい方(間に合います!)
・社内IT運用への関わりを知りたい方。

<申し込み方法>

ストアカ(ストリート・アカデミー)のページより申し込みください。
https://www.street-academy.com/myclass/21998

会場:JR山手線 大塚駅 徒歩10分(会場詳細は申し込み後に連絡致します)

<持ち物>

筆記用具をご持参ください。

<定員>

10名
ワークを行うため最小開催人数2名