飲食店・小売店の担当者必須!消費税増税前に軽減税率制度を知ろう!(2018年4月21日開催)

【こんなことを学びます】
消費税増税とともに開始予定の「軽減税率」。

どのような制度かご存知ですか?

特に飲食を扱う企業は、知っておかなければならない重要な制度です。

軽減税率は来年予定されている消費税増税とともに開始されます。

今まで消費税は一律8%でした。今後10%になる予定ですが、
一部の商品については、8%のままになります。

では何が8%になり、何が10%になるか分かりますか?

大きく影響があるのが飲食関連です。
飲食関連でも一部は軽減税率の影響を受けず、そのまま10%のものも存在します。また、売り方によっても変わります。

早めに準備をしておかなければ、混乱必至です。

本セミナーではどのようなケースが軽減税率の対象になるのか
企業がどのような対応をしなければならないのか、ポイントをお伝えします。

是非この機会に一緒に軽減税率について学びませんか?

 

【講師の紹介】
赤松優 中小企業診断士。10年以上、企業内で経理業務に従事し、2018年2月に経理業務のコンサルティング会社を設立(株式会社東京総合経営ソリューションズ)。
独立前は、非上場会社、上場会社の両社の経理部門に従事し、新規事業における経理フローの構築や会計・税務面の検討を多数経験。内部統制の構築や開示書類の作成も実績有り。監査対応や税務調査対応もしてきた。このような経験から、経理業務の効率化や社内の業務フローの構築、決算早期化などの支援を得意としている。

 

【持ち物】
筆記用具

 

【参加料】
当日3,000円 (税込)をお支払いください。教材費も含みます。

 

【申込について】
・申し込み方法:以下フォームより登録


facebookinstagramSTCのHP知人の紹介STCメルマガその他

 

【会場】
南大塚地域文化創造館 第3会議室(東京都豊島区南大塚2-36-1)

 

【本コースへのお問い合わせ先】
シュー・ツリー・コンサルティング問い合わせメールより
info@shoe-tree-c.com

Follow me!